荷物の準備

使う目的別に小分けして、ポーチや衣類ネットなどインナーバッグを多く利用する。 スーツケース内に遊びをつくらない。タオルなどやわらかいもので隙間をうめる。 重いものはスーツケースの底(キャスター側)になるように。 下着はメッシュなど一目でわかるケースに入れる 税関の手荷物検査で開けられることになっても、気遣いしてもらえるケースが多い。 スカートやスラックスは敷くように入れる シワにしたくない服は大きめにたたみ、インナーバッグに入れて最下部に敷くように入れれば、シワになりにくい。 ワンピースやブラウスは専用ケースで型くずれを防ぐ。 型崩れが心配な衣類はスーツケースの仕切りに収納する。靴や鞄など堅いものから離して入れよう。 海外のホテルに寝間着、歯ブラシ、スリッパはない。 寝間着兼部屋着としてTシャツやトレーナーがあると便利。スリッパや歯プラシは置いていないホテルが多いので、日本から持っていこう。 パスポートとビザの控えは忘れずに 盗難にあっても、控えをとっておけば再発行の手続きがスムーズに。逆に控えがないと発行に手間取り、滞在延長などの支障も。 スーツケースには目印を 氏名と電話番号を英文で書いたネームタッグを必ずつけよう。似ている鞄も多いので自分なりの目印を付けると分かりやすい。 予備の袋の用意を 帰りは大荷物になるので、折りたためる大きな袋があると便利。現地で鞄を買ってしまうと、日本で修理する時に大変。 スーツケースの暗証番号も控える 覚えているつもりでも旅の途中で忘れたり、カードの暗唱番号と混同したり。あらかじめメモに控えておこう。 フィルムはフィルムガードに入れるのが無難 手荷物検査時のX線によるフィルムの影響を避けるためには、フィルムガードが有効。もしもの用心とフィルム収納にも便利。 海外へのおみやげは? 海外に滞在している日本人へは、高級煎茶や海苔、生菓子、ワサビなど。国産タバコや最新の雑誌も喜ばれます。但しオーストラリアなど国によっては食品の持ち込み制限があるので注意。

Copyright ©All rights reserved.家族旅行でいったところや記録のサイト .