空港にて 

航空会社預け荷物の制限 荷物の制限は2種類あり、利用する航空会社によって違います。制限を超えると超過料金が必要になります。また、航空会社の中には、スポーツ関係の荷物について優遇しているところもありますので、判断に困る時は航空会社に問い合わせましょう。 アメリカ・ハワイ・グアム方面 航空会社預けの荷物は2個まで。 1個につき、重さ32kg以内、縦、横、高さの3辺の和が158cm以内(2個の場合は総計273cm以内)、ゴルフサーフボードは3辺の和が135cmの荷物1個分とみなされます。 ヨーロッパ・アジア・オセアニア方面 個数制限はなく、すべての荷物の合計重量が20kg以内(エコノミークラスの場合)。 機内で貸し出してくれるもの 航空会社では幼児や体の不自由な人などに対応できるよう、荷物を制限に関係なく持ち込めたり、貸し出すものがあるので事前に問い合わせましょう。松葉杖、添木類、ペット、車椅子(機内専用のものを貸し出してくれることが多い。その場合、自分の車椅子は折り畳んで持ち込むなど。) 機内持ち込み荷物の大きさ 機内持ち込み荷物は1個。それとショルダーバッグやウエストポーチ程度に。原則として縦・横・高さの3辺の和が115cm(航空会社によって異なる)以内で、座席の下に収納できる大きさで。

Copyright ©All rights reserved.家族旅行でいったところや記録のサイト .